東京ドームに”神”降臨! ポルノグラフィティLIVE「神vs神」~Day2~

東京ドームに”神”降臨! ポルノグラフィティLIVE「神vs神」~Day2~

昨日、ポルノ東京ドーム9月7日公演の感想をまとめて記事にいたしました。

東京ドームに”神”降臨! ポルノグラフィティLIVE「神vs神」~Day1~

本日は2日目、9月8日公演の感想をまとめます。昨日に引き続き完全なるヲタ記事となりますので、お気をつけくださいませ。

迫りくる台風15号

9月7日はポルノライブにしては珍しく晴天(!)でしたが、2日目の9月8日は台風15号が迫り、空は曇り、風がものすごく強い状況でした。上陸の時間を見ると、ライブ中はギリギリ持つかなーというところでした。ただし、都内は夜から交通機関の計画運休があるとのこと。
東海道新幹線は早々に運休が決まり、関西方面からの遠征組の中にはライブ開始を待たずに帰宅している方も見受けられました。

ポルノはちょうど1年前に、広島で開催予定だったライブが中止になっています。そして、9月8日といえばポルノのデビュー日。
屋内なので濡れる心配はないものの、風雨が強くなり、交通機関の乱れが予想されれば中止の可能性もある。「なんとか持ちこたえてほしいな……」と祈りながら会場へ。

会場へ到着すると、強風のため前日では設置されていたフラッグが、この日は取り外されていました。写真、撮っておけば良かった……涙。
ライブは開催する様子でしたのでちょっとホッとし、開演を待ちました。

前日と演出やセトリが変わったDay2

事前に1日目と2日目ではセトリが大幅に異なるとアナウンスがあったことから、「どんな感じなんだろう……」とドキドキしていました。
いやいや、なかなか変化がありましたですよ!

M01〜M05

M01 プッシュプレイ
1曲目は前日と変わらず。でも、登場する場所が違いました!1日目はメインステージでしたが、2日目はセンターステージでの演奏。いきなりテンションが上がる。

M02 Mugen
前日は後半で登場した「Mugen」が2日目は2曲目に登場。盛り上がる、盛り上がるけれども、「“セトリが変わる”って”曲順が変わる”ということなのか……?」と疑問がチラリ。

M03 THE DAY
3曲目も変わらず。2曲目で感じた疑問がどうでも良くなるくらい、腕を振りマクリマクリスティでした(古い)。

M04 メドレー
ここで、前日同様に本間昭光さんが登場。トークでは話が長くなりかけましたが、晴一さん(というよりも恐らくスタッフさん)の巻きが入りました笑。
本間さんが「ポルノのファンはポルノがどんなことをしても許しちゃうよね」とのご指摘がありましたが、“信者”って得てしてそうなんですよね……。

ミュージック・アワー
メドレーの内容は変わらず。最近では定番になっている「恋するウサギちゃん」の振りのタイミングが分からないうえ、恥ずかしさを捨てきれず、未だできない。

マシンガントーク
以前はサビの「Good Time! Bad Time!」で手を十字に動かす振りがあったのですが、最近はやらなくなってしまったのかしら……?

ヴォイス
この日は晴一さんやサポートメンバーの「ウォーオウ」のコーラスをばっちり聞けました笑!


「狼」って、なんだかんだでライブの定番曲になりつつありますよね。盛り上がるから好き。

M05 アポロ
この辺りで、「なんか、昨日よりも盛り上がり方がすごくないか?」と感じました。腕の振り、叫び声、どれを取っても熱気がすごいというか。

M06〜M10

M06 n.t.
1日目は昭仁さんのソロコーナーで登場したこの曲、2日目は全体曲で登場。「こういうパターンもあるのか!」と。1日目はアコギアレンジ、2日目はゴリゴリのロックアレンジ。好き。

M07 Twilight,トワイライト
前日から引き続き登板の「Twilight,トワイライト」。この後、鳥のさえずりとともに昭仁さんのソロコーナーに入るのですが……。

M08 瞳の奥をのぞかせて
昭仁さんのソロコーナーに抜擢されたのは「瞳の奥をのぞかせて」でした。アコギアレンジも良いな……と思っていたら、何やら「キャー」との叫び。
「なんだろう」と思っていたら、見覚えのある金髪!ポルノを長年支えてくださったバイオリニストNAOTOさんがゲストで登場でした。泣く。

M09 ウェンディの薄い文字
前日、数少ない晴一さんのボーカル曲「Hey Mama」が披露されましたが、2日目は「ウェンディの薄い文字」!そうよね、やりますよね。「Hey Mama」やるなら「ウェンディ」もやりますよね。癒やし。

M10 リンク
この辺りから、前日未登板の楽曲たちが続々登場!ギターリフがひたすらカッコいい「リンク」、イントロが流れた瞬間に悶絶状態でした。この曲から、昭仁さんのソロコーナーにゲストで登場したNAOTOさん率いる「NAOTO Strings」が楽曲に彩りを添えてくれました。

M11〜M15

M11 サウダージ
ライブの定番曲「サウダージ」、そういや前日やってなかったですね汗。ノリが体に自然と染み込んでいる。

M12 ブレス
あー、ここで「ブレス」が来るのか涙!映画ポケモンの主題歌だったこの曲、最後、手を振りながら「ラーラ、ラララーラーラーララー」と歌う場面、会場全体で一体感を感じられるから好き。

M13 愛が呼ぶほうへ
何度も何度もライブで聴いているはずなのに、イントロが流れると「キター!」となる気持ちは変わらない。

M14 Zombies are standing out
昨年、配信限定シングルでリリースされたこの曲、ポルノさんの新境地を開拓してくれました。壮大なミディアムロックナンバーがドーム全体に響く様子は圧巻でしかないです。

M15 サボテン
「サボテン」も何度もライブで聴いているはずなのに、聴く度に感動して泣きそうになるのはなぜなんだろう。

M16〜M20

M16 ヒトリノ夜
そうですよね、スペシャルライブですもん。「ヒトリノ夜」、やりますよね。みんなで「ロンリロンリー」って叫びますよね。

M17 瞬く星の下で
アニメ「マギ」の主題歌だったこの曲、いつ振りだろう……。初披露された当時はどうやってノレば良いか分からず、会場全体がふわ~っとしていた印象でしたが、何度もライブで披露されるうちにノリが完璧に。ポルノファン、凄い。

M18 ハネウマライダー
翌朝の情報番組でも「ハネウマライダー」のタオル回しの映像が使われていましたよね。タオル回し、楽しい。

M19 アゲハ蝶
「アゲハ蝶」も情報番組で使われていました。間奏部分で「ラーラララーラーラー」と歌うファンたちを、晴一さんがモニターで嬉しそうに見ている姿にファンも幸せ。

M20 VS
間奏部分でメンバーがメインステージからセンターステージに移動するんですけど、ギターを弾きながらマイペースに歩く晴一さんに合わせながら、その後ろを昭仁さんがトコトコ歩いていたんです。
2人共、ものすごく嬉しそうなんですよ。その様子、胸にグッと来るものがありました。

ENCORE

EN1 オー!リバル
前日では歌にトロッコでバランスにバズーカにとやることが多く、歌詞がぐちゃぐちゃになった「オー!リバル」。この日は間奏部分でバズーカを放つことで対策していました。

EN2 Century Lovers
お約束のコール&レスポンス、旧バージョンで行われる場面がありました笑。「エビバディ!みんなで!叫べ(?)!」でしたっけか。

EN3 ライラ
アンコールの定番「ジレンマ」来るかなーと思ったら、「ライラ」でした。「ライラ」、クセになるんですよね。

ライブの“神”が降臨していた

2回に分けてポルノグラフィティ東京ドーム公演の感想を書かせていただきました。正直に言うと、ポルノさんのライブの楽しさは文章では伝えきれないんです。だって、全部書ききれないから。全部書こうとしたら、論文レベルになる自信があります笑。

2日目のラスト、メンバー2人にサプライズで生ビールの差し入れがありました。メンバーとファン、恐らくスタッフの皆さまも一緒にポルノ20周年をお祝いして乾杯。
……なぜか昭仁さんはビールを飲んだ吐き出し、晴一さんは口から飲み込む度に思い切り漏れていましたが汗。乾杯の後、ステージに座って美味しそうにビールを飲む2人の姿に、また感動。

高校時代から20年以上、一緒にがんばってきてたどり着いた場所で見る景色はどんなものだったのでしょうか。きっと、2人にしか分からないとは思うんですけど。

私たちファンも、2日間、夢のような時間を過ごさせていただきました。「神vs神」の神セトリにより、間違いなくライブの“神”が降臨していたと思います。

MCで本間さんが「長く続けて欲しい」と仰っていましたが、同じ気持ちです。これからのポルノはどんな景色を見せてくれるのでしょうか。楽しみでしかありません。

ポルノグラフィティカテゴリの最新記事