とんでもない勢力の台風19号、猛威をふるう

とんでもない勢力の台風19号、猛威をふるう

私が住むところでは台風のピークは過ぎたように思えるものの、まだまだ油断できない状況のたくのです。皆さま、ご無事でしょうか。

“地球史上最強”の台風がやってきた

台風19号が発生したのが今週頭、その頃から「今度の台風はヤバい」と言われていたものの、心のどこかで「そんな大げさな」と思っていた私。
なぜなら、これまでも「過去最大級」と言われながら、なんだかんだで電車も動くし、コンビニに買い物も行けるし、会社にだって行けてたじゃん……という思いが強かったためです。

しかし、今回の台風は本気でヤバかった。いい歳して「ヤバい」という言葉を口にするのは憚られますが、他に適した表現が見つからないくらいヤバかった。
正直、ブログを書くのも気がひけるくらいヤバかった。(でも書くんですけど)

これまでの台風と違ったこと

緊急速報が鳴った

朝、特に天気の悪い日は寝起きが悪い私、今朝は“緊急速報”の音で目が覚めました。
あれ、めちゃめちゃすごい音がするんですね。一発で覚醒しました。

これまで“緊急地震速報”が鳴ったことはあったものの、緊急速報は初。「避難準備」のワードに、「え、もう避難しなきゃいけないの?」と動揺を隠せませんでした。
よくよく読んでみると、「高齢者や障害者など避難に時間がかかりそうな方がいる家庭は避難開始、そうじゃなくてもいつでも避難できるように準備してね」ということでした。

避難所は近所にありましたが、自宅のある場所は避難所よりも高い位置。家にいた方が安全だと判断し、自宅で待機していました。

うちで避難準備と出ているんだから隣の区の実家もまずいのでは……と思い連絡したところ、「緊急速報は来ていない」とのことでした。なぜ、うちの地域は朝イチなんだ……。
緊急速報のタイミングにばらつきがあるのは、ちょっと気になるところでした。

風の音

台風が上陸してピークを迎えた20〜21時頃、外から風の音が聞こえました。
この音が、とにかく半端なかった!今まで聞いたこともない轟音。

「ゴオオォォォオオォォォ!!!」
「ビュオオオォォオオオォォ!!」

今までの台風でこんな音は聞いたことがないから!
いや、これまでも風の音自体はすごかったのかもしれませんが。(寝ている間に通り過ぎたとかで気づいていなかった可能性もある)

マンションもガタガタと揺れて、さすがに不安になりました。

23区初の“大雨特別警報”が発令された

これまではニュースでしか見たことのなかった“大雨特別警報”が、自分の住んでいる地区に発令されました。夜、緊急速報が来た時は、心臓が止まるかと思いました……。

幸い、自分のところは被害に見舞われることはありませんでしたが、実家の方は「土砂災害のおそれあり」とされていて、ヒヤヒヤしました。
急いで連絡をとってみたら意外と平気そうで少しホッとしつつも、「油断しないでくれー!」との思いでいっぱい。

台風19号の威力の凄さを痛感しました。

地震が起きた

台風の威力にビビっている中、地震が起きました。これは本当に勘弁して欲しかったです。

確かに、台風と地震が同時に起きてはいけない決まりはありません。
……ですが、精神的にしんどいし、何より震源が千葉県南東沖。いやいや、今の千葉に台風と地震のWパンチはあかんです。

台風襲来に向けて実践したこと

湯船に水を溜める

もしかしたら断水するかもしれない可能性を考慮して、湯船に水を溜めておきました。
……というか、入浴時に溜めたものを抜かずにそのままにしておきました。
使うとしたら、トイレを流す時くらいかなーと思って。

食料を確保しようとした

SNSでスーパーやコンビニの棚が空っぽの画像を見て、やっぱり「いやいや大げさな」と高を括っていた私。
外出帰りにスーパーへ寄ったら、まあまあ食材がありませんでした泣。

幸い、お米は自宅にあったのでおかずになりそうな納豆やキムチを購入。しかし、普段食べているものは売り切れ。仕方ない。
菓子パンやカップ麺の棚はすっからかん、ガスが使えるなら肉でも焼くかと思ったものの、肉の棚もすっからかん。
かろうじて残っていた冷凍むね肉を購入しました。万が一、停電で冷蔵庫が使えなくなったら、程よく解凍されてくれそうです。

モバイルバッテリーの充電

仕事柄、タブレットを持ち歩くことが多いため購入しておいたモバイルバッテリー。
もちろん、スマホの充電にも使えるので、満タンにチャージしました。停電しなかったとしても普段使いできますし、やっておいて損はなかったかと。

台風19号について思うこと

実は私、台風上陸の翌日はライブイベントに参加するため出かける予定でした。しかし、台風19号の影響で中止……というか延期。あまりの悔しさで若干、冷静さを失っていました。

安全第一、命を守るためには必要な決断。

それはその通りなのですが、イベントのために準備してきた主催者や出演者、楽しみにしていたファン仲間のことを思うと、「仕方ない」の一言であっさり割り切ることもできず……。
中止の発表があった日は、全力で悔しがっていました。

でも、感情を思い切り出し切ったことで冷静さを取り戻し、実際に台風19号の威力を目のあたりにして延期の判断は正しかったと思えるようになりました。
……この辺のことに関しては、また別の記事で詳しく。

油断は禁物、防災対策に意識を向ける

この記事を書いている現在、自分の住んでいる地域の大雨特別警報は解除されました。しかし、河川氾濫の危険が伴う地域はまだまだあります。

自分の育った地域は、万が一荒川が氾濫したら浸水被害に遭う可能性があります。
実家はギリギリ大丈夫そうですが、母校の中学やその周辺は浸水地域に入っています。

東京はそれなりに災害対策がなされていることもあり、私自身、防災に対する意識が薄かったな……と今回の台風で反省しました。心のどこかで「大丈夫でしょ」と思う気持ちが強かったというか。

今後も、どんな災害に見舞われるか分かりません。今回の台風19号に関する一連のできごとを教訓に、もう少しだけ防災対策に意識を向けてみます。

日々のできごとカテゴリの最新記事