みんなが笑顔でいられますように

みんなが笑顔でいられますように

先日、お友達の個展について書かせていただきましたが……。
人生において大切なことは
会場となったお店のオーナーさんとスタッフさんが所属する「巨峰3兄弟」が、10月4日(水)にCDをリリースしました!

ライブ会場と店舗限定での販売です。もちろん、皆さんが働くお店にも置いてあり、私もGETいたしました!
今回は、楽曲の感想を書きたいと思います。
……あくまで私の主観です。「こんな捉え方もあるんだなー」くらいに受け止めてもらえるとありがたいです。

まずは、表題曲の『深海日記』。長沢雄介君詞曲のラブバラードです。テーマは「失恋」でしょうか。別れた恋人への思いを綴った詞とピアノのアレンジの相乗効果で、果てしなく切ない曲です。

「願いを届けたいあなたが笑顔でいられますように」
「あなたの笑顔が呆れるほど好きだった」
「さよなら、ありがとう」

……愛が深すぎです。こんなにも深い愛情で想われる人は、本当に幸せだと思います。
思う側の、愛する人との思い出を大切にしつつ、前へ進もうという気持ちが痛いほど伝わってきて、泣けます。

自分も過去を手放して前へ進まなきゃ、これだけの愛情を注げる人を見つけなきゃと、勇気をもらいました。

2曲目は、近浦涼平氏詞曲の『笑顔になって』です。ハーモニカ(ブルースハープか?)やカズーも入って、楽しい楽曲になっています。

ざっくり言うと、「しんどいことがあっても、美味しいものを食べたり、お気に入りの場所に行ったりして笑顔になろう!」という、前向きソングです。

「仕事をがんばるのもいいけど、たまには仲間と弾けよう」

心に沁みるを通り越して、刺さりました……。ちょうど、恨を詰めすぎて心身ともに疲れていた時期だったこともあり、励まされました。どんなに社会的に成功しても、笑うことを忘れたら人生楽しくないですもんね(汗)。

最後は、ぶどうの根っこのオーナー、馬場雄一さんが作った『予感の風』。こちらは、ちょいちょいライブでも披露されているバラード曲です。
ずっと孤独を抱えていたけど、愛する人を見つけて自信を取り戻す歌……と、私は受け止めています。

「好きな人に受け入れられることで、自分も自信が持てる」
「そんな予感の風を感じる」

よく「自信を持ちなさい」と言われますが、どうしたら「自信」って付くのよ?
……ってずっと疑問だったのですが、こういうことかと。人に受け入れられることが、自信に繋がるのだなと教わりました。
そして、自分を高めて誰かに自信を与えられる人になる。そんな風にも思わせてくれました。

どちらかというと、地道な活動を続けている人たちだとは思います。だけど、こんなにも人の心を動かす歌を書ける人たちがメジャーで活躍できたら、音楽業界はもっと盛り上がるんじゃないか?……なんてことも思います。

「CDを手に取って聴いてほしい!」という思いが強い皆さん。音楽活動をしている人なら、誰しもが思うことですよね……。
とはいえ、都内ではCDが手に入る場所が限られているんですよね(汗)。

なので、まずはダウンロードで聞いて、興味を持ってくれた人はライブに行って、CDを購入してもらうのが良いでしょうか。
それで、都内でCDを購入できる場所が増えたら良いなあ。

すごく小さな入口かもしれないけど、この記事が少しでも皆さんへの間口になれたら。しんどい時に笑顔をくれる、3人への感謝の思いを込めて。
いつも、ありがとうございます!

巨峰3兄弟オフィシャルHP
https://kyoho3.jimdo.com

音楽カテゴリの最新記事