今年もカープが強かったから

NO IMAGE

広島出身のポルノグラフィティは、さぞ喜んでいることでしょう。

先日、グラチャンバレーが終了しました!
結果は、男女ともに世界の壁の高さを痛感する形になりましたが……。
もちろん、頑張っていなかったわけではないでしょうし、世界を相手に戦うこと自体がすごいこと。
お疲れさまでしたと伝えたいです。

今年のグラチャンバレーのテーマソングは、ポルノグラフィティでした。
アニメ以外では、久々の大型タイアップです。

制作に入る前、ポルノのお2人はバレー男子日本代表の練習を見学。
それを踏まえて出来た楽曲が「キング&クイーン」です。
タイトルを聞いた時、正直、「まんまじゃん!」と思いました(笑)。

詞曲はボーカルの昭仁氏。
シングルでは、これまた久方ぶりのメジャー調の楽曲です。
歌詞も、「世界に挑戦する」といったテーマにぴったりの、前向き全開の内容。

「強さとは己自身を 何度でも信じられること」

どんなに心が折れても、打ちのめされても、自分を信じて立ち上がる。
1歩ずつ進んで、憧れの未来を手に入れようという曲です。

今回のシングルは両A面でして、もう片方は「Montage」という曲です。
こちらは、アニメ「パズドラクロス」のOP。
「montage」は「合成する」という意味なので、タイアップを意識したタイトルなんだなと。
作詞は昭仁氏、作曲はギターの晴一氏。
ファンからすると、意外と珍しい組み合わせです。
……逆パターンは、しょっちゅうなのですがね。

この曲では、最後のサビでもの凄く深い(と、私は思う)フレーズがあります。

「勝つことの脆さを知り 敗北で優しさを知る」

勝利を得て自信がついても、傲慢になってしまう人もいる。
勝負に負けて落ち込んでも、痛みを知った分、優しくなれる。

全員が全員、そうではないかもしれませんけど。
だけど、勝つことだけが全てじゃないんだなと教わりました。

カップリングは、やはり昭仁氏詞曲の「夕日の色」。
別れた恋人への思いを歌う、バラードです。

愛しい人への気持ちを忘れられなくて。
だけど、切ない思いは時に委ねて。
前に進みたいけど、でも会いたい。

……切なすぎます。
ご本人は、こんな風に思えるくらいに好きな人がいたのだろうか。
ちょっと、そんな想像もしちゃいます。

自分含めて、恋愛に臆病になっている人に聴いてほしいなと思う1曲です。

というわけで、今回のシングルでは昭仁三部作といってもいいくらい、昭仁氏が頑張ってます。
巧みな表現で、思いをストレートに伝えてくる昭仁氏の歌詞。
たくさん、学ばさせていただきました!
10月下旬にはアルバムも出るので、楽しみです。

音楽カテゴリの最新記事